富女子という言葉を知り、良い刺激になったみたいです

今日の日経プラス1の記事の中で、『学んでお得 5年で1千万円「富女子」の正体は?』というものがありました。
「富女子」とは一体何なのか?というところから始まって読んでみたところ、とても面白かったです。
ネットで検索してみると、既に認知されてテレビでも取り上げられるような単語だったんですね。
面白いな、と感じたのは、日経の記者さんが感じた「体育会系の部活に似てるな」という点です。
目標高く励ましあって貯蓄に励む20歳代から30歳代の女性達・・・頭が下がります。メンバーの中では既に1千万円の目標を達していて、”先輩”という立場に当たる方もいらっしゃるんですね。すごいです!
40歳代既婚・無職・子持ちの私ですが、彼女たちの良いところ、マネできそうなところがあれば少しでもトライしてみたいです。
ただ、既に美容や衣料費関連はドラスティックに削っている私なので、「そうだよね〜。」と、時々共感できる部分もあり、一人勝手に嬉しく思いました。
実際に会に参加したり、自分で開いたりは難しいけど、記事を読んだことがきっかけで良い刺激になり、明るい気持ちになりました。

知らない間にどんどん便利になっていたお買い物

洋服や靴を買いたいと思い、お気に入りのデパートまで行きました。しばらく行っていなかったので、お店がだいぶ変わってしまっていました。入口を入ってすぐ、化粧品売り場の隣に飲食店があり、驚きました。化粧品の独特の臭いで美味しくいただけるのでしょうか。私は敬遠してしまいました。あまりよそ見をすると余計なものを買ってしまいそうだったので、目的である洋服や靴の階へ急ぎました。流行に疎い私でもいろいろ見ていると今年の流行がよくわかります。試着させてもらってよさそうだったので購入しました。いつも在庫をもってきてもらうのですが、あいにく在庫はないと言われました。急ぎではないので取り寄せにしてもらい自宅まで発送してもらうことにしました。次に靴を購入すると、こちらも在庫がなかったため自宅まで発送手続きをしました。服や靴を購入すると荷物が多くなって大変でしたが、今回は手ぶらで帰れました。発送には時間がかかるのかなと思っていましたが、3日くらいのうちに届きました。きれいに梱包されていて感激しました。この方法なら現物は確認できるし、ネットショッピングみたいに楽だしよかったです。買い物もどんどん便利になっているのだなと感じました。ミュゼ 100円 キャンペーン